徹底ランキング!披露宴に適した上品なドレスを選ぼう

TOP > 披露宴ドレスの豆知識 > 披露宴のドレスと髪型のマナーとは

披露宴のドレスと髪型のマナーとは

披露宴にゲストとして招待された際に頭を悩ませることになるのが身だしなみではないでしょうか。
ドレスは購入する方法もあればレンタルもありますが、どのようなドレスを選んでも良いというものではありません。
シーンに合わせたドレスを選ぶべきです。
もちろん服装だけが身だしなみではなく、髪型も重要になってきます。
どんなにドレスでマナーに気をつけていても、髪型がマナー違反となって仕舞えば意味がありません。
髪型の基本として、清潔感が大切ということを頭においておくようにしましょう。
結婚式や披露宴はフォーマルな場ということもあり、きちんとした髪型にしておかないと自分自身が恥をかくだけではなく、新郎新婦にも恥をかかせてしまうことになるので気をつけておかなくてはならない重要なポイントとなります。


披露宴のゲストとして参加する際にはきちんと感が重要になるので、ロングヘアの人はアップスタイルにしておくようにするという方法があります。
アップスタイルならば、食事をする時にも髪の毛が邪魔になってしまうこともありません。
うなじも綺麗に見えるので、清潔感もありネックレスを目立たせることもできます。
アップスタイルと一口に言っても様々ですが、サイドに後れ毛を出したりまとめた髪の毛先を散らすことで、さりげなくこなれたオシャレ感を出すことができます。
さり気なく髪を散らすことで、小顔に見せることができるというメリットもあります。
ドレスは似たようなデザインのものも多いですが、その際に髪の毛にオリジナリティーを出すことによって他人との差もつけることができるようになります。


ロングヘアの人は髪の毛をアップにしたりハーフアップにするというヘアアレンジができますが、ショートヘアの場合には頭を悩ませることになるのではないでしょうか。
何もしないのは華やかさに欠けるので、リボンをつけたりカチューシャをするなど小物で飾るようにしておきましょう。
その際に気をつけなくてはならないのが、ティアラはつけないという点ではないでしょうか。
ティアラは花嫁がつけるケースも多く、主役のものというイメージがあるのでティアラを付けているとマナー違反と思われてしまう可能性はかなり高いです。
ドレスのデザインに合わせた髪型をすることにより、全体を見た時にまとまりが出るのでよりドレスの良さを引き立てることができます。
髪型でマナー違反にならないように十分気をつけましょう。

▲ ページトップへ