徹底ランキング!披露宴に適した上品なドレスを選ぼう

TOP > 披露宴ドレスの豆知識 > 披露宴のお色直しで着用することが多いカラードレス

披露宴のお色直しで着用することが多いカラードレス

披露宴のお色直しではカラータイプを選ぶ人が多いです。
カラードレスはデザインが豊富でお色直しも時間を比較的短縮することができるため、ゲストと過ごす時間を長くすることができますが、カラー選びに悩む花嫁も多いです。
一番人気のカラーはピンクですが、ピンクは女性らしい色という点そして日本人の肌色にも相性が良いカラーです。
ピンクは女子の色というイメージがあることからも人気があり、レンタル店やショップなどでもピンクは一番豊富にあります。
カラーの選び方は好きな色という点だけでなく、デザインで選んだ場合、カラー診断を使用して自分に似合う色を選んだ場合などから周りの意見を聞いたり、他に参列した結婚式でみたことがない色を選んだり、季節に合わせた色などいろいろな方法が利用されています。
好きな色で選んだ人は少なく、ゲストの方々にどう見てもらうかを基準に選んでいる人が多いです。


色によってゲストが受ける印象を替えます。
ピンクには可愛らしく優しいイメージがあり、レッドには鮮やかでインパクトがあって強さをイメージすることができます。
ブルーは爽やかで清潔感を出すことができ、グリーンには自然でナチュラルさを出すことが出来ます。
イエローは明るく楽しいイメージがあり、オレンジには明るく健康なイメージを出すことができ、パープルは大人なイメージで上品さを出すことができます。
他にもいろいろなパステルカラーがあり、可愛らしさをだしたり、個性的なイメージを出すことができ、素材も和装生地を利用した和のイメージを出すことができるものや、複数の色を取り入れたものもあります。
色だけでなく、付いているリボンや花などのデザイン性や新作のデザインなど流行のものを選ぶ場合もあります。
プロの担当の方にアドバイスをもらいながら選ぶことがおすすめです。


披露宴だけでなく二次会に参加する場合には、規模が大きい二次会の場合にはドレスを着用することがおすすめです。
披露宴に招待できなかったゲストにも姿を見てもらうことができます。
少人数の場合には平服でも大丈夫です。
二次会でレンタルしたドレスを着用するときには、返却日時や延長料金の確認をします。
返却が二次会場で行う場合にはショップのスタッフが引き取りに来てくれるかを確認します。
とくに一般的な飲食店の場合で着用する場合には成約があり、引き取りでトラブルになることもあります。
幹事に任せず返却の連絡は花嫁が行うようにします。
ヘアメイクにも注意が必要です。
披露宴のヘアメイクは会場の規模や照明などに合うようになっていますが、二次会場は照明が暗く、規模も小さいため雰囲気に合わないことが多いです。
急いでいても会場に合うヘアメイクにお直しすることがおすすめです。

▲ ページトップへ